秩父銘仙館

展示即売所

秩父銘仙館

めいせん(銘仙)
絹織物の一種。目專、目千、綿織、銘仙とも書く古くから埼玉県秩父、群馬県伊勢崎より産出され、古代の倭文(しどり)または紬等に属するもので、古くは太織といわれ、最も綿密に繊維を組織した実用向で、丈夫な織物を意味したが、 その後都市への販売が盛んになるに至ってこの語義が当て嵌まらなくなり、銘酒の銘と仙境の仙をとって銘仙と改めるに至ったと伝えられる。 使用原料は太織といわれていた時は農家自製の熨斗糸、羽玉糸、伸糸を使い1疋分に糸180〜250匁を要した。明治29年頃には緯糸に綿糸を使った。その後、節糸織の流行と共に大正初期に本絹糸を使うようになった。機台の変化と共に壁糸リング糸、ポーラ糸等が特殊変わり織に使用された。近年は、大小絣、〆切絣、珍絣、大島絣、解絣(ほぐしかすり)、捺染絣、絞り染め、縮み加工等があり、使用原糸も生糸、絹紡糸、玉糸、熨斗糸、人絹等その種類も多くなっている。用途は着尺物を主とし、裏地物、布団物、座布団地に用い、比較的廉価な大衆向け絹織物である。

  • 産地
  • 群馬県  伊勢崎、館林、桐生
  • 埼玉県  秩父、飯能、所沢
  • 栃木県  足利
  • 東京都  八王子、村山、青梅
掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権はSAKAHIROに帰属します。
Copyright(C) SAKAHIRO