秩父銘仙館

秩父銘仙館

江戸時代に入り、熨斗糸や玉糸で白太織が織り出され、それを藍、草木、木皮の液汁で染めて、縞ものが生産される。江戸末期には現在の捺染技術の前時代をなすところの「くくり染」「すり込染」「板締めかすり」等の技術が導入され、さらに、あらく仮織りした経糸に型紙を使用して模様を描く「解し捺染」が行われた。

秩父銘仙館秩父銘仙館

昭和53年4月「秩父解し捺染」は埼玉県伝統的手工芸品の指定を受ける。平成6年4月より県内各地から受講生を募集し「秩父ほぐし捺染技術継承者育成事業」を伝統工芸士の講師と共に積極的に取り組んでいます。

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権はSAKAHIROに帰属します。
Copyright(C) SAKAHIRO